Chocolat Classic
ショコラクラッシック
フランス ヴァローナ社の最高級ダークチョコレートとカカオをたっぷりと使用し、美味しい発酵バターと生クリーム、そして新鮮な卵で作りました。
粉は極限まで減らしたこだわりの製法です。軽い食感ながら生チョコのように濃厚な味わい、大人のチョコレートケーキです。
French Biscuit
ビスキュイ(プレーン)
フランスの昔ながらのレシピに基づき丁寧に焼き上げる本格派ビスキュイ。材料は発酵バターと上質な小麦粉、卵と砂糖のみと、いたってシンプル。シンプルだからこ際立つ素材の良さ、丁寧な製造過程。発酵バターの芳醇な香りと上質な粉の風味をお楽しみください。

ミニ:¥1,200(税抜) / 缶:¥2,500(税抜)
French Biscuit
ビスキュイ(シトロン)
レモンの香りをギュッと閉じ込めたビスキュイ。
発酵バターと有塩バターをブレンドし、フランス産の小麦粉に新鮮な卵と砂糖。国産レモンの生のゼストとパンチの効いたドイツ産のレモンピールピューレをたっぷりと練り込み焼き上げました。

ミニ:¥1,250(税抜) / 缶:¥2,600(税抜)
Madeleine
マドレーヌ(バラ)
発酵バターを贅沢に使い、フランボワーズの酸味がアクセントのリッチなマドレーヌをローズのグラサージュで包み込みました。
上品に香るフランス最高級のローズウォーターがエレガントにお口の中で広がります。
Madeleine
マドレーヌ(塩の華)
発酵バターのコクと香りが、お口いっぱいに広がる、口溶けの良い本格派マドレーヌ。フランス ブルターニュ地方の塩の華をトッピングし焼き上げました。。フワフワの食感とバター塩の甘じょっぱいハーモニーをお楽しみください。
Madeleine
マドレーヌ(バニラ)
シャリッとグラサージュが割れると発酵バターのコクとバニラの芳醇な香りがお口いっぱいに広がります。卵をたっぷり使った口どけの良い、リッチなマドレーヌ。小さなお子様にも愛される味わいです。
Raisin sand
レーズンサンド
サブレは発酵バターをベースにスペイン産マルコナ種のアーモンドプードルをたっぷり使用。口どけの良い食感を味わっていただくために、持つとはかなく壊れてしまうように仕上げています。
バタークリームは深い味わいながら軽い風合い。
バターはもちろん発酵バターを使用していますが、ふんわりと香るラムがさらに軽さを強調しています。
ブレンドしたラム酒に漬け込んだ2種類のレーズン。
ボリュームたっぷりの満足感あるレーズンサンドです。
Canele Chocolat
【期間限定品】カヌレショコラ
カヌレはフランス、ボルドー地方の伝統菓子ですがフランス全土で売られています。
マモンエフィーユのカヌレショコラは、ヴァローナ社のカカオをたっぷりと使用し外はカリッと中はもっちり。カカオニブのほろ苦さと食感がアクセントに。
Fruit cake
熟成フルーツケーキ
母が数十年に渡り継ぎ足し漬け続けているフルーツ漬けと、私がパリから持ち帰り漬け続けているフルーツ漬けを主役にしました。
発酵バターの上澄みのみを使用した生地に、熟成されたフルーツ漬けをたっぷり混ぜ込み焼き上げた贅沢なフルーツケーキ。
焼き上げた後、さくらんぼのブランデーでコーティング。一週間後、2週間後、一ヵ月後と深みが増し、熟成の変化を楽しんで頂きたいケーキです。
Gift Box
ギフトボックス

Gift Box
ギフトボックス

Gift Box
ギフトボックス

VIEW MORE
OUR BRAND
商品イメージ画像
Maman et Filleマモン・エ・フィーユ

手作りのお菓子を娘にあたえた母

そのお菓子を食べて成長し

パリのル・コルドン・ブルー本校で製菓を学んだ娘

お菓子づくりのスピリットは母から学び

技術はパリから学んだ

それが、マモン・エ・フィーユのお菓子たちです

VIEW MORE
NEWS

阪急うめだ本店に‼

本日11月15日(水)~11月21日(火)の1週間 出店いたします。 初登場!『吉田牧場のチーズマドレーヌ』のお披露目や、今年初の『サブレオショコラ』などなど楽しいお菓子が沢山並びますよ 皆さま、ぜひお越しくださいね!

READ MORE

「マモン・エ・フィーユ」の初専門店が神戸・御影にオープン!

百貨店のスイーツ催事では常に完売する幻の逸品。 トップ・パティシェ仕込みの人気フランス焼き菓子   パティシェ、松下奈保さんが作る焼き菓子は、子供から大人まで 喜ばれる素朴だけど洗練されたパリのエスプリが効いた味わい。   美味しい焼き菓子を作るためには、材料、技術を妥協せず素材の味を何よりも重視する。フランスに13 年間在住し、料理学校の名門「ル・コルドン・ブルー・パリ」に入学。日本人パティシェの巨匠、サダハル・アオキさんと出逢い共に過ごした松下奈保さん。帰国後、京都で日曜だけのお菓子屋さん「マモン・エ・フィーユ」をマルシェで開店したのが8 年前。以後、阪急うめだ本店、阿倍野ハルカス、大阪高島屋などのスイーツ催事に出店するたびに商品は即完売。ファンからは「幻のお菓子」とも呼ばれていました。神戸・御影の住宅地の一角に工房も兼ね備えた専門店を作り上げました。   開店は7 月12 日、マモン・エ・フィーユの新しい物語が始まります。「マモン・エ・フィーユ」の専門店に並ぶ焼き菓子は、すべてパティシェ、松下さんがフランス・パリで学んだフランス菓子の技術とエスプリを盛り込んだ手作りの作品。人気商品の「フィナンシェ」は発酵バターを焦がして、上積みだけを使用するなど、手の込んだ工夫が施されています。素朴な焼き菓子を洗練された風合いや食感に仕上げるのが、松下さんの焼き菓子の真骨頂。それが他で味わえないオリジナリティーとなっています。

READ MORE
BOUTIQUE
Maman et Filleマモン・エ・フィーユ
〒658-0047兵庫県神戸市東灘区御影2-34-20 グレイスリー御影 1F
1F Gracery Mikage , Mikage , Higashinada-ku Kobe-city , Hyogo

TEL 078 - 414 - 7842

営業時間 11:00-19:00定休日/火曜日

VIEW MORE
7月12日open
CONTACT